ウクライナの現地社長 通称ウクライナの帝王に、インタビューした様子を記事にしました。 ウクライナの現地社長→以下「帝王」 僕→以下「清志」

-実際のところウクライナの治安は悪いの?-


ウクライナの治安というのは誰しも気になるところだと思いますが、実際はどんな環境なのでしょうか?


日本という平和の国に住んでいる方のイメージからするとウクライナは頻繁に戦争が起こっている国だとわれますよね。しかしニュースで報道されているほとんどがドネツク周辺などの地域であり、キエフやオデッサというウクライナの首都や都市は、全く無関係なのです


ではどうしてキエフエリアは平和なのか?と言いますと、ロシア軍が攻め込むドネツクという都市は非常に大きくてロシアからも近いことで有名です。またロシア人も行き来しやすいエリアですので攻めるには最適の都市なのです。これと比較してキエフはロシア軍が占領しづらい都市となっていますから、あまり戦争を危惧する必要がないのです。


またロシアにより近い東側に関してはロシア人が多く、ロシア語も盛んに使用されているので非常に危険なエリアであると考えていいでしょう


これとは逆に西側の方はヨーロッパの文化が根強く残っているため、ロシア人もあまり行き来はしていません。これはロシア人がヨーロッパの文化を嫌う習性があるからです。そのため西側にあるリヴァブ周辺はあまり攻め入ってはこないのです。

-ウクライナの治安もエリアによって異なる!-


現在のところ、危険な地域と言えるのはドネツク、そしてハリコフ(今は、大丈夫です)です。ハリコフはロシアに近いこともありますし、占領される可能性が極めて高いエリアですので避けておいた方が無難と言えます。


しかしこれらの都市を除けばウクライナも特別危険な国というわけではありませんし、キエフに関しては戦争が起こる心配や治安問題が騒がれることも一切ありませんので、日本人が観光で訪れても警戒するようなポイントは特にありません。


ウクライナは日本からは飛行機で約13時間前後かかりますので、なかなか時間的に都合をつけるのが難しいという場合にはウクライナ女性を日本に招待するという方法を選択されるのも1つでしょう。日本であれば治安問題を気にする必要もありませんし、飛行機の都合など考慮しなくても女性と会うことは可能ですよね。


ウクライナ国際結婚支援協会ならば女性を日本に連れて行くことも十分にできますから、何となくウクライナに出向くのが不安、という方はこういった方法も活用されてみてはいかがでしょうか?女性との会い方、ウクライナの治安について不安がある場合はお気軽にご相談ください。

 

ウクライナ女性と国際結婚をしたいならこちらです。